黒子のバスケ 花宮真

黒子のバスケは少年ジャンプで連載されている人気スポーツマンガです(作者、藤巻忠俊)。主人公「黒子」は影の薄い脇役タイプと言うこれまでに無かった切り口で、ライバルキャラと共に多くの人気キャラが登場します。古くはスラムダンクでヒットしたバスケマンガ界ですが、その後、バスケマンガはなかなかヒットに恵まれませんでした。久々にヒットの期待のかかる「黒子のバスケ」、魅力的なキャラを取り上げてみましょう。

  • 花宮真
  • 無冠の五将の一人 通名「悪童」
  • 性格: したたかで残忍
  • 名言 : ~(な)わけねぇだろバァカ
  • アニメでの声優 :

●キャラレビュー

黒子のバスケの中で、奇跡の世代の対抗できる存在として無冠の五将(無冠の逸材)と呼ばれる選手達がいます。「木吉鉄平についで現れたキャラクター、花宮真。

彼は霧崎第一高校のバスケ部員で、「悪童」の異名を持っています。

目にかかりそうな髪型に、鋭い目、特徴的なまゆげ。そのどれをとっても悪役らしい容姿ですが、いったいその実力とは。

登場時は緑間の秀徳との試合は二軍で捨てゲームをするなど、不気味な動きで登場しました。同じ無冠の五将の木吉鉄平とは少なからず因縁があります。過去に木吉に大けがを負わせる原因を作りました。

その時は惜しくも誠凛に敗北。しかし木吉を欠いた誠凛はその後の試合で敗退。一年後にも再び対決することに。

木吉がバスケットに誠実な男ならば花宮はバスケットに不誠実な男と、そのタイプは対極です。実際に誠凛との対決では予想通りハードな展開に。序盤からキーマンの木吉をつぶしにかかります。

しかし、ラフプレイだけで無冠の五将と言われるのか?と思っていたら花宮にもやはり特殊な能力が。IQがずば抜けて良く、実質的に監督も兼任。そして最大の能力は「頭の良さを生かしたスティール」にあります。前半戦で見た相手の攻撃パターンを全部読み切り、ボールをうばうと言う驚異の能力が。誠凛戦では大いにその能力が発揮され、黒子達を苦しめました。

最終的にはやぶれてしまいましたが、最後には自らシュートを決めるなど、その基本能力の高さをうかがわせました。オールスター戦があればおもしろい活躍をしてくれそう。【でんすけ】(無冠の五将へのリンクはこちら)